チョコレートアレルギーとバレンタインデー症候群

チョコレートアレルギーとは

チョコレートアレルギーは、お菓子の「チョコレート」(カカオ)を食べることによって起こるアレルギー症状をいいます。

チョコレートやその他のカカオを主な原料にしている食品には、チラミンと呼ばれる血管浮腫物質が含まれており、どうやらこれが原因となってアレルギーが起こっているようです。
チョコレートの原料でもあるカカオにはニッケルも含まれているため、ニッケルに対してアレルギーを持つ人には症状が出るとされています。 症状は、下痢、嘔吐、鼻血、腹痛、痙攣など様々なかたちで起こってきます。

アナフィラキシーショックを起こす場合もあって、今までには死亡した例もあるくらいです。症状のある人へのふざけ半分での対応は命取りにもなりかねないので注意が必要だといえます!また、今までチョコレートを食べても何の症状も出ていなかった人でも、ある日突然アレルギー症状が出ることもあるらしいので、やはり食べすぎには注意したいものです。!

最近は、カカオの代わりにキャロブ(イナゴマメ)を使って作った、代用チョコレートも販売されており、注目されています。キャロブを使ったチョコレートケーキなどもあります。キャロブは粉末のかたちでも販売されていますので、ご家庭でクッキーやケーキなどに応用することができます。

このようなチョコレートアレルギーの人でも食べることができる、代用チョコレートが販売されているのでチョコレートアレルギーの人も少し安心できます。意外と代用できる食品のほうがカラダには良いかもしれませんね。
アトピー性皮膚炎については、アレルギーやアトピーの原因に皮膚の弱さが関係もあわせてご覧ください。

バレンタインデー症候群

かくたこども&アレルギークリニックより
2月14日のバレンタインデーの日から数日後にチョコレートアレルギー症状の相談が、お医者さんなどにこの時期多くなるので、この名前が付いています。バレンタインデー症候群は、単なる総称名で具体的な病名ではありません。

チョコレートアレルギーについて、「アトピーっ子の生活」「かくたこども&アレルギークリニック」さんに、詳しく説明されています。チョコレートを食べ過ぎて鼻血が出るなどは、チョコレートの中のチラミンが原因だそうです。 以下、引用させていただきました。

「チョコレートはアレルギーだけではなく、チラミンが血管収縮→効果が切れて血管拡張を起こし、蕁麻疹や、偏頭痛の元に なっています。子供には、カフェイン、テオブリンなどの成分が神経を興奮させ多動、異常行動を起こします。効果が切れると元気がなくなり、また欲しくなるため、やめられなくなります。」

コタキカイロプラクティックセンター予約電話24時間受付のネット予約はこちら

2017-09-11