アトピー性皮膚炎」タグアーカイブ

アレルギーやアトピーの原因に皮膚の弱さが関係

アトピー性皮膚炎

注目!皮膚の弱さがアレルギーとアトピー性皮膚炎との関係がわかった。

皮膚の弱さがアレルギーとアトピー性皮膚炎との関係

皮膚には異物の侵入を防いで、刺激や乾燥から皮膚を守るバリアーがあります。この皮膚のバリアーの弱さがさまざまなアレルギーの原因になると注目されています。

2006年の英国での研究で皮膚の表面の表皮にある角質層をつくっている主なタンパク質「フィラグリン」に関わる遺伝子に変異があると、アトピー性皮膚炎を起こしやすくなるという報告がありました。

フィラグリンというのは分解されると天然の保湿成分として働いて、皮膚のバリアーをつくったり、水分を保つのに重要な役割を果たしているとされており、日本の名古屋大の秋山教授によると、この遺伝子に変異があると、フィラグリンをつくる量が半減またはなくなってバリアー機能が弱まり、アレルギーを起こす抗原が体内に入りやすくなると考えられるそうです。

慶応大の天谷教授らは、死んだ細胞が積み重なってきたとされている角質層を詳細に調べた結果、水分保持層などの3層で構成されて皮膚のバリアー機能を発揮していたそうです。その3層を通過したアレルギーの抗原を、免疫反応をつかさどる活性化したランゲルハンス細胞が突起を伸ばして取り込む様子を可視化することに成功し、過剰な免疫反応であるアレルギーが皮膚経由で起きる仕組みの一端を解明したそうです。(炎症やかゆみがなぜ起きるのかはまだ解明されていないそうです。)

英国ではピーナツアレルギーの子供は、ピーナツ由来のオイルを塗る頻度が高かったという報告があり。実際にその食品を食べなくても、皮膚から微量に取り込まれることで食物アレルギーを発症する可能性があるとのことです。

日本でも国立成育医療研究センターなどのチームは、「バリアー機能を高めれば、アレルギーの発症を抑えられるのではないか」。という仮説をもとに、生後間もない乳児に毎日、保湿用の乳液を約8カ月間塗ってもらい、アトピー性皮膚炎の発症の有無を調べた。

その結果、スキンケアをしていない乳児に比べて、発症率が3割少なくなり、バリアーを高めることが発症予防につながることを示したそうです。さらに湿疹や皮膚炎のある乳児は、卵アレルギーを起こす可能性を示すIgE抗体の値が高かったとのことです。

アレルギーマーチ

子どもの場合、成長とともに、アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、ぜんそく、鼻炎と進む傾向を「アレルギーマーチ」と呼んでおり。国立成育医療研究センターの松本免疫アレルギー研究部長は「乳児期に湿疹があると、さまざまな抗原が入りやすくなって、アレルギーマーチを引き起こすと考えている。

湿疹を放置せずに早く治療することが食物アレルギーやぜんそく、花粉症などの発症予防につながる可能性がある」と推測しており、今後、同センターを中心に臨床研究に取り組む計画だそうです。(以上 毎日新聞2014年12月記事より)

カイロプラクティックとアトピー性皮膚炎の皮膚の状態

当センターに来院されたアトピー性皮膚炎の患者さんのケースで、カイロプラクティックを受け始める前より皮膚の状態が改善したと言われることがあります。実際に施術していてもそれとハッキリわかる人もいます。しかしかなり個人差もあることから、逆にどのようなスキンケアをしているのかお尋ねすることもありました。

改善する人はマメなスキンケアをしているか、衛生面で気をつけている人が多いように思いました。それに職場環境や生活環境も皮膚の状態に関係しているように思います。また一時的に改善しても皮膚のケアを怠ると悪化しやすいように思います。

気象庁のデータでは、ここ100年で都市部の湿度は15%ほど減少しており、皮膚の水分が失われやすくなっているそうです。いずれにしても皮膚を保湿したりスキンケアすることには意義があると思います。

アレルギー関連